効能

正常な発育に必要不可欠な葉酸

お母さんにとって、子供がいつも元気ですくすくと育つことは何よりの望みです。
子供が正常に発育するために不可欠な栄養素の一つが葉酸です。
葉酸は胎児の正常な生活を促すことから妊婦さんに積極的に摂取していただきたい栄養素ですし、産まれた後の成長期の子どもたちにも健康に成長するために欠かせない栄養素です。

葉酸を妊婦さんが摂ることで、胎児のDNAは正常にコピーされますから異常が起きることなく、細胞分裂はスムーズに進みます。
しかし妊娠初期に不足すれば細胞分裂に異常がおきて先天性疾患を招き、神経管閉鎖障害を引き起こすリスクが高くなりますので後で大変なことになりかねません。
先天性疾患の一つであるダウン症も摂取することでかなり発生率を下げることができますから、特に胎児の成長に大切な細胞分裂が行われる妊娠初期の摂取は欠かせません。

葉酸は、赤ちゃんが生まれたら必要なくなるものではなく授乳中も必要です。
離乳食など食べ物を口にすることが出来るまでは、赤ちゃんは母乳で育ちます。
不足すれば成長に影響が出る可能性も出てきますから、授乳中も積極的に摂取していきましょう。

成長期には細胞がどんどん分裂して身体が成長していきますから、葉酸は成長期の子供にとっても必要な栄養素の一つです。
この時期の不足は健全な成長に悪影響を与えますし、皮膚や粘膜を弱くして炎症を起こす原因にもなります。
子どもたちの元気な成長のために、食べ物やサプリメントから積極的に摂取していきましょう。

子供が大きくなって大人になるまで親には子供の健康を守る責任があります。
赤ちゃんがお腹の中にいるときから大きくなって大人になる日まで、葉酸は成長に欠かせない成分ですからしっかり摂っていきましょう。
食べ物から摂取することが出来る成分ですが、毎日の食生活では足りないこともあります。
特に妊娠初期などは普段以上に葉酸が必要となってきますから、足りない分はサプリメントで補充するようにしてください。